卵アレルギーの症状と対処法とは?

スポンサーリンク

ようこそ「卵アレルギー.com-症状と対処法-」のサイトへ!
私は「卵アレルギー専門コンサルタント」の珠美と申します。

 

発疹が出るなどの皮膚症状から、ひどい場合には呼吸困難など
命にかかわる症状まで、幅広い症状を起こす食品アレルギー。

 

その中でも、今回は牛乳、大豆と並ぶ3大アレルゲンの一つ、
卵によるアレルギーの症状と対処法について取り上げます。

 

卵アレルギーの症状とは?

 

症状は、卵へのアレルギーの強さや
体質によって大きく個人差があります。

 

皮膚症状の典型的な例は、
卵を含む食品を食べてから数分経つと、
口の周りにかゆみを生じます。

 

口の周りが徐々に赤くなってポツポツとじんましんがではじめ、
首の周りへと広がっていきます。
かゆいからといってかきむしって傷ができないように気をつけましょう。

 

個人差がありますが、口やのどがイガイガし、せきが出る場合もあります。
体質によっては目が腫れる、腹痛、下痢や嘔吐が起こることもあります。

 

人によって症状やその組み合わせは様々に変わります。

 

特に注意しなければいけないのは喘息持ちの乳児で、心拍数増加、
顔面蒼白といったショック症状を起こすこともあります。

 

アレルギーが強い場合には
呼吸困難におちいる場合もあり、大変危険です。

 

アレルギーと言っても侮れません。

 

対処法は2つある!?

スポンサーリンク

小児科医に相談しましょう。

 

卵アレルギーは主に2つの方法によって治療できます。
一つ目の治療法は、食事から
卵を完全に取り除くこと(食物除去)です。

 

そもそも卵アレルギーは3歳以下の乳幼児に多く見られ、
大きくなるにつれて改善し治っていく場合が多いのです。

 

2歳ころまでは腸の免疫機構が未成熟であるため
アレルギーを起こしやすいと考えられているのです。

 

そのため、まず家庭でできることは、
3歳ころまでは卵を含む食品を
できるだけ食べないようにすることです。

 

二つ目の治療法は、経口免疫療法です。
これは食物除去の延長線上にある方法です。

 

数ヶ月卵を含む食品を食べないようにしたのち、
血液検査でアレルギーの重さや反応を推測しながら

 

病院で少しずつ何回かに分けて卵を食べてみて、
問題が起こるか試すという方法です。

 

これで問題がなく、その後半年ほどたっても
再発しなければ無事治癒となります。

 

改善されない場合には、抗アレルギー薬投与や
食事指導も平行して行われます。

 

・・・というわけで、あなたも赤ちゃんに多く見られる、
「卵アレルギー」について、このサイトの記事を読んで
お勉強して下さいね!

 

【免責事項】

 

当サイトは長年「卵アレルギー関係」で悩んできた
「私の体験談サイト」です。

 

従いまして、当サイトから得た情報による、
いかなる損害においても
当サイトは一切責任を負いません。

 

全ては当サイトを読んだユーザーの
自己判断による責任としますので、
予めご了承下さい。

スポンサーリンク