赤ちゃんの卵アレルギーのレベルとは?

スポンサーリンク

ここでは、「赤ちゃんの卵アレルギーのレベル」についてお話します。

 

卵アレルギーは、症状としても軽いのが
口の中の違和感やかゆみ、喉のイガイガなどがあげられます。

 

また湿疹ができてかゆみが
我慢出来なくなってしまったりもします。

 

その他には腹痛、吐き気、下痢、など
様々な症状が考えられています。

 

赤ちゃんによる卵アレルギー

 

年齢により症状の出方が違ってきます。

 

食べ物アレルギーは乳児期にはじまる場合が多く
両親のどちらかがアレルギーを
持っている可能性が高いです。

 

卵アレルギーのアレルゲンは、
多くの人は黄身と思いがちですが、
実際には白身にあります。

 

アトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎などの
症状が起きた場合、卵アレルギーである可能性があります。

 

卵アレルギーは新生児から年長さんまでの間に多くみられます。

 

これはまだ消化器系の機能が未熟なので
抗原が腸の粘膜を通過することで卵白と反応しやすく
アレルギー症状を引き起こすと考えられています。

 

赤ちゃんが卵でアレルギー反応を起こすのは
実際に卵をあげる前から既に
アレルギーになっていると考えられます。

 

それはお母さんの母乳の中にお母さんが
摂取した卵の成分が入っていたため
それを飲んでいる赤ちゃんがアレルギーになるというわけです。

スポンサーリンク

このような場合には赤ちゃんに
卵を食べさせないようにして
お母さんも卵の摂取を控えなければなりません。

 

卵アレルギーのレベルについて

 

卵アレルギーがあるからといって実は
全員が卵を一切食べられないわけではありません。

 

病院でアレルギー検査を受けてその結果と
普段の生活での卵の摂取状況とそのときの

 

症状の出方などについての問診から
食べられるもの食べられないものが決められます。

 

まずは専門医へ行き受診して下さい。

 

アレルギーのレベルによって
食べられるものもあるということです。

 

弱いレベルのものは、天ぷら粉、食パン、クッキーなどです。
強いものはアイスクリーム、マヨネーズ、オムレツなどです。

 

例えば卵アレルギーでレベル3と結果が出た時に
どのように対処するべきかというと、
医師の指示に従い卵を食べさせないように取り除く必要があります。

 

調味料に卵が入っているマヨネーズや
タルタルソースも食べられません。

 

麺やパン、フライ、加工食品、お菓子を
食べさせる時には卵が含まれているかを
表示などで確認する必要があります。

 

卵は栄養が高いので食べさせないと
栄養が偏ってしまうと心配になるかもしれませんが、

 

卵が食べられなくてもタンパク質を含む
お肉や魚大豆製品で補うことが可能ですのであまり
心配しすぎないようにして下さい。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
卵アレルギーの「赤ちゃん」関係について、お勉強して下さいね!

スポンサーリンク

赤ちゃんの卵アレルギーのレベルとは?記事一覧

ここでは、「卵アレルギーの成分を母乳から除去する方法」についてお話します。それは簡単なようで難しくて大変なこと!卵アレルギーの成分を母乳から除去する方法は、言ってしまえば、お母さんが卵が入っていない食事をとることです。私の息子も卵(卵白)アレルギーを持っていました。今は普通に卵料理を食べてますが、当時は完全母乳で育てていたので、先生から、「まずお母さん自身が完全に卵を除去しましょう」と言われました...

ここでは、「離乳食での卵アレルギーの症状」についてお話します。症状は人それぞれ!離乳食での卵アレルギーの症状は一人一人違ったものです。そして、卵といっても卵白に含まれる卵白アルブミン、オボムコイドという成分がアレルギーをおこす原因だと言われています。卵料理、食品を食べてから口の周り、首、手足、おなかなどに赤いブツブツが出てくるのがよくある症状です。目をこすったり、咳が出たり、他にもたくさん症状があ...

ここでは、「赤ちゃんが卵アレルギーで嘔吐の時の対処法」についてお話します。卵アレルギーの症状の一つは嘔吐!卵アレルギーが原因で起こる症状もさまざまですが、その一つが嘔吐です。大人である私たちでも嘔吐ってつらいですよね。でも赤ちゃんはもっとつらいはず。私の息子も母乳を飲んだ後、嘔吐することがありました。マーライオンのように嘔吐した時はさすがにビックリしましたけどね。でも、それが卵アレルギーが原因だっ...

ここでは、「赤ちゃんの卵アレルギーの検査方法」についてお話します。どんな検査方法があるの?赤ちゃんの卵アレルギーの検査方法は、いくつかあります。血液検査・・・この方法で調べるのが一般的です。採血し、一度にたくさんの項目を調べることができます。ある項目の数値を見て一定の数値より上回っていればアレルギーの可能性があるというわけです。皮膚の状態で見る検査方法とは?スクラッチテスト・・・小さな針で刺し、そ...

ここでは、「インフルエンザ予防接種で卵アレルギーの赤ちゃんの時」についてお話します。卵アレルギーを持っているとインフルエンザの予防接種を受けることは出来るのかという疑問をお持ちの方はいるかもしれません。製造過程で鶏卵を用いるため、インフルエンザワクチン液にはごく微量の卵成分が含まれているのです。今回は卵アレルギーと赤ちゃんの予防接種について考えていきます。卵アレルギーとインフルエンザワクチン鶏卵を...

ここでは、「赤ちゃんや子供のアレルギーは治るのか」についてお話します。卵アレルギーはふつうは成長とともに治っていく!アレルギーは大きくなったら治るといいますがいくつになったらなんでしょう?赤ちゃんや子供のアレルギーは人それぞれ個人差はありますが、3歳頃には治ることが多いと言われています。治るまでしっかりと卵アレルギーと向かい合うことが重要!。私の息子は、最初の検査で卵アレルギーと診断され、それから...