風疹の予防接種で卵アレルギーとは?

スポンサーリンク

ここでは、「風疹の予防接種で卵アレルギー」についてお話します。

 

卵アレルギーの人が予防接種の中で注意が必要なのは、
インフルエンザと麻疹風疹の予防接種です。

 

麻疹風疹には、「鶏卵」の成分が含まれています。

 

卵アレルギーを持っている場合は接種可能なのか、
どんな事に注意が必要なのか考えていきます。

 

卵アレルギーでも風疹予防接種は可能か?

 

麻疹風疹の予防接種には卵成分が使われています。

 

お子さんが1歳の誕生日を迎えたら
なるべく早くに打ちましょうと
医師から言われることもあります。

 

このワクチンは卵アレルギーに
関連があるワクチンの一つです。

 

小児科に行くと卵アレルギーのある方は
予防接種の前に必ず伝えるように言われます。

 

鶏卵が含まれているこのワクチンは
鶏卵の成分である「胚細胞」という部分が使われています。

 

あまり聞き慣れないことばですが、
これは卵白や卵黄ではなくてどちらかというと
「鶏肉」にちかいものです。

 

一般的に強いアレルギーを引き起こす原因
は卵白の部分だと言われ、

 

鶏肉に近い胚細胞が使われているこのワクチンで
アレルギーが引き起こされる可能性は
極めて低いということです。

 

また現在日本で使われているワクチンに
含まれている卵の成分はごく微量のもので、

スポンサーリンク

卵アレルギーがあるお子さんでも
ほとんどの場合問題なく接種できます。

 

実際に予防接種手帳の麻疹・風疹に関する
説明書きを読んでも卵アレルギーの方は接種出来ません
という注意書きはどこにもありません。

 

注意が必要な場合

 

卵アレルギーだからと言って
麻疹風疹混合ワクチンは接種出来ない
というわけではありません。

 

卵アレルギーでもほとんどの場合が
接種可能だと言えます。

 

ただし、卵を食べると全身にひどい蕁麻疹などの
症状が出る場合や、卵アレルギーを摂取することで

 

呼吸困難や血圧低下などのアナフィラキシーを
引き起こす場合は接種前に
かかりつけの医師に必ず相談されて下さい。

 

また予防接種の際にアレルギー科のある
総合病院でアレルギー症状が出たら直ぐに対応
そのまま入院出来る体制での接種も可能です。

 

ワクチンの副作用

 

副作用で多いのが発熱、注射部位の腫れや発赤、
かゆみ、アレルギーです。

 

風疹ワクチンは副作用がほとんどないまて言われています。
1週間から2週間後に関節炎がみられることがあります。

 

数日で改善されますが、症状がひどい場合には病院を受診して下さい。

スポンサーリンク