インフルエンザ予防接種で卵アレルギーの赤ちゃんの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「インフルエンザ予防接種で
卵アレルギーの赤ちゃんの時」についてお話します。

 

卵アレルギーを持っていると
インフルエンザの予防接種を

 

受けることは出来るのかという
疑問をお持ちの方はいるかもしれません。

 

製造過程で鶏卵を用いるため、
インフルエンザワクチン液には
ごく微量の卵成分が含まれているのです。

 

今回は卵アレルギーと赤ちゃんの
予防接種について考えていきます。

 

卵アレルギーとインフルエンザワクチン

 

鶏卵を用いるためインフルエンザワクチン液には
微量の卵成分が含まれています。

 

卵アレルギーがあるとすべて一律に
接種出来ないということはありません。

 

接種を見合わせるべきなのは、
卵によってアナフィラキシーなどの

 

強い症状がでる人で、軽い症状とか
血液検査のみ陽性の人達全てではありません。

 

軽症アレルギーの場合でも健康状態などを考慮して
接種してよいかどうかを判断する必要はありますが、

 

接種する恩恵の方が起こりうる
副反応のリスクより大きい場合もしばしばです。

 

また赤ちゃんの場合は特に注意が必要になります。

 

全く卵が食べられないなどの
重度の卵アレルギーの場合は
断わられる場合もあります。

 

調理した卵ならば食べられるという
軽度の卵アレルギーの場合は
ほとんどが問題なく接種することが出来ます。

スポンサーリンク

接種前にパッチテストを
行ってくれる病院もあります。

 

パッチテストが問題なく、
医師の了解が見られれば予防接種を
受けることは出来ますよ。

 

接種後のアレルギー反応

 

インフルエンザワクチン液を、
皮肉や皮膚の浅いところへ少量入れて

 

赤くなったり腫れたりしないかを
前もって調べるテストがあります。

 

しかしそれは100%あたるとは言い切れません。
完璧に見極めることは難しいのです。

 

卵アレルギーが原因でワクチンを
接種出来ないということは極めて珍しい例です。

 

通常は特に問題なく接種が可能です。
ただ、アレルギーが起こる可能性はゼロではありません。

 

ワクチンに期待される効果と
起こりうる副反応の説明をしっかりと受けて、

 

医師と接種される側の両者が納得、
合意したうえでワクチンを受けることが重要になります。

 

インフルエンザにならないために家族で守ろう

 

子供は予防接種をしてもインフルエンザを防ぐ
抗体の出来方が悪く、インフルエンザに
感染してしまうことも少なくありません。

 

またインフルエンザの予防接種は、
子供は受けても大人は受けていない
という家庭が良く見られます。

 

まずは大人がインフルエンザに
感染しないように十分な手洗い
うがいを心掛けるようにすることが大切です。

スポンサーリンク