卵アレルギーでクラス2の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「卵アレルギーでクラス2の時」についてお話します。

 

卵アレルギーと一言でいっても
症状などには大きな違いがあり個人差があります。

 

アレルギーのレベル(クラス)を0から6に
分けられていますが実際には同じクラスだとしても
食べられるものと食べられないものが違ってくるのです。

 

今回はクラス2について確認していきます。

 

個人差もあるアレルギークラス2

 

アレルギーの症状が出ない程度に食べさせる方もいれば、
完全に食べさせないという方針の方もいます。

 

授乳中の赤ちゃんの場合にはお母さんの食べたものが
ごくわずかですが母乳に出てきます。

 

クラスが2の時はお母さんが卵を食べないように
するなどはしなくても大丈夫だと
言われることが多いです。

 

生卵や生卵を使用しているマヨネーズは
避けた方が良いというレベルになります。

 

レベル0は陰性であり、レベル1は疑陽性、
レベル2は「陽性」というわけです。

 

食物アレルギーのほとんどが、
年齢を重ねる度に良くなると言われています。

 

クラス2といってもその人には個人差があるため、
かかりつけの医師にじっくり
相談することが大切なのです。

スポンサーリンク

食べさせてもいい物もあれば、
食べさせてはいけない物があるのです。

 

食べさる量を少量にしたり、
食べさせる間隔をあけるなど
工夫することも良いです。

 

お菓子などは卵が入っていないか
きちんと確認したうえで食べさせます。

 

もし症状が出た場合には
かかりつけの病院で診察を受けて下さい。

 

食物負荷試験でさらに詳しく

 

幼児期に良く見られる卵アレルギーですが、
卵を食べることで起こりその症状は
0から6に分けられています。

 

レベルが高いほど卵は食べられません。

 

クラス2だと陽性ですが、
食べられるものもあります。

 

レベル2と診断されたなら診察を受けた医師と
しっかりと相談していくと良いです。

 

食物負荷試験という専門の医師により
受けることができるものもあります。

 

これはアレルギーがどの程度、
どのくらいの量を食べると症状が
でるのか調べる事が出来るのでお勧めです。

スポンサーリンク