卵アレルギーでクラス3の時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「卵アレルギーでクラス3の時」についてお話します。

 

食物アレルギーの症状にはレベルがあり、
それによって分けられています。

 

卵アレルギーの場合には症状として軽いものは、
口の周りがかゆくなって赤くなってしまったり
蕁麻疹が体中にできます。

 

時には嘔吐や下痢などの症状を引き起こします。

 

重症化してしまうと呼吸困難や意識障害を
引き起こし命に関わるため注意が必要です。

 

卵アレルギークラス3の場合

 

卵アレルギーの場合は、
血液検査などで調べることが可能になります。

 

医師によりクラス3と判断されたら、
卵を除去した食事をしなければなりません。

 

「完全除去」

 

ではなく

 

「食べられるものは食べて行く」

 

という方針で少しずつ
食べられるようになるかもしれないのです。

 

食物負荷試験で陽性判定を確認したうえで
決められた量を毎日食べ続けていくと
数年で食べられる可能性があるのです。

 

完全除去を行っていた方よりも
早い段階で食べられる状況になると
考えられているのです。

 

クラス3といっても個人差がある

スポンサーリンク

卵アレルギー検査がクラス3だったとしても
その人によって食べられる物や
食べられない物は変わってきます。

 

比較的に軽い方からアナフィラキシーを
引き起こしてしまう方もいます。

 

自分がどこまで制限したら良いのか
迷った時にはかかりつけの医師に相談して下さい。

 

アレルギー定期健診を行う病院もあります。

 

今回はどうだったたかなど非常に参考になりますので、
もし定期健診がない病院ならば
あるところに変えてみるのも一つの手です。

 

パンやハムや加工品などにも入っていますので、
成分表をしっかりと確認して下さい。

 

今はネットなどで卵除去食のお菓子や
加工品が沢山販売されています。

 

割高ですが一時的な事ですし、
治してしまった方があとあと楽です。

 

陽性と出たとしても
アレルギー症状が出ないこともあります。

 

つまりアレルギー検査はひとつの「目安」に過ぎません。

 

子供の場合は、検査をしてアレルゲンを特定します。

 

しかし、子供の場合は成長と共に
抗体数値が変わってくるため、

 

症状も軽ければ検査を受けなくても良いなどと
病院や医師にによってアレルギー検査の
考え方が少し異なるのです。

スポンサーリンク