卵白アレルギーの症状とは?

スポンサーリンク

ここでは、「卵白アレルギーの症状」についてお話します。

 

卵アレルギーは、卵黄によるアレルギーと
卵白によるアレルギーには違いがあります。

 

卵白にアレルギーがあっても、
卵黄にアレルギーがないという場合もあります。

 

つまり、卵アレルギーは卵白だけが
原因ではないということです。

 

卵黄にもアレルギーがあり、
卵白にもアレルギーがあるということを

 

正しく判定するために離乳食で卵を初めてあげる時に
守っておきたいポイントがあります。

 

卵白と黄身

 

卵白と卵黄でアレルギーを
起こしやすい方はどっちかというと卵白です。

 

さらに卵白の成分でも「オボムコイド」という
たんぱく質が強いアレルギーを起こしやすいのです。

 

血液検査の項目でも、卵白だけでなく、
わざわざ「オボムコイド」
という項目があるのはそんな理由からです。

 

オボムコイド

 

アレルギーの原因となるたんぱく質の構造が壊れるので、
それに対してオボムコイドは加熱しても
アレルゲンとしての力を保ったままなのです。

 

オボムコイドは加熱してもあまり変化せず固まりません。
また、オボムコイドは水に溶けやすいたんぱく質です。

 

例えば茶碗蒸しのうわずみ、
卵スープの汁にも多く溶けています。

スポンサーリンク

オボムコイドは水に溶けやすく
時間が経つと白身にのたんぱく質、
オボムコイドが黄身にうつってしまいます。

 

茹で終わってから時間を置いて
白身とわけたゆで卵の黄身、
それを食べてアレルギー症状が出ても

 

黄身によるものなのか、
オボムコイドによるものなのか、
分からなくなってしまいます。

 

これでは正しくアレルギーを判定できません。

 

オボムコイドは微量でも
反応をおこすことがあります。

 

黄身が食べられるのにも関わらず
わずかに移ったオボムコイドによって
アレルギーを引き起こすことも考えられます。

 

そうすると食べさせても
大丈夫なはずの黄身まで、
除去を続けてしまうことになります。

 

きちんと判定するためには
白身と黄身を早めに分ける必要があります。

 

卵白 アレルギー 特有の具体的な症状

 

卵黄は食べられるのに卵白を食べると
アレルギー症状が出てしまう
という方は多いようです。

 

卵は卵黄よりも卵白の方が
アレルギーの原因になることが多い食品だからです。

 

卵は卵黄よりも卵白の方に
アレルゲン性が強いことが知られています。

 

身体に蕁麻疹、目や唇の腫れ、嘔吐、
アナフィラキシーなどを引き起こします。

スポンサーリンク