卵アレルギーでレベル2の時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「卵アレルギーでレベル2の時の対処法」についてお話します。

 

卵を食べる事で起こる卵アレルギーですが、
病院で診察を受け検査をしてもらった結果、
レベル2と診断されたときにどのように対処したら良いのかを紹介します。

 

卵アレルギーでレベル2とは?

 

卵を食べて何度も吐いてしまった時に、
アレルギーを見てくれる病院に行くと診察をしたうえで血液検査をします。
血液検査の結果レベル0〜6のクラスに分かれ、
クラスが高いほどアレルギー反応が出ていて食べる事ができません。

 

レベル0は陰性レベル1は疑陽性レベル2の場合は陽性になります。

 

授乳中の赤ちゃんの場合、お母さんの食べたものが
ごくわずかですが母乳に出てきますが、レベル0〜2のクラスの時には、
母乳の除去食(お母さんが卵を食べないようにする事)はしなくても大丈夫だ
と言われることが多いです。

 

生卵や生卵を使用しているマヨネーズは
避けた方が良いと言われるレベルです。

 

卵アレルギーでレベル2の時の対処法は?

 

「食べさせて良い」「食べさせるとしたらどのくらい」
細かいことが気になってくると思いますが、
まずは診察を受けた医師と相談していくことが大切になってきます。

スポンサーリンク

食物アレルギーのほとんどが年齢を重ねていくうちに
食べられるようになる子もいます。

 

卵アレルギーも同じで、医師と相談したうえで
食べさせても良いと言われた時には、
初めはほんの少し食べさせその時体調は悪くないか・嘔吐しないか
口の周りに発疹はないかをよく観察しておきましょう。

 

(離乳食を始めたばかりの時に嫌がるは、卵を無理に食べさせることはありません)
食べさせた日付け・量・様子を記録しておくと、
もし症状が出て病院は言った時にはお医者さんへ説明がしやすいです。

 

卵アレルギーでレベル2で食べさせて大丈夫?

 

血液検査でレベル2と診断されても医師から「食べさせて大丈夫です」と
言われたけれど心配だという人もいます。

 

心配な時には、「食物負荷試験」
(アレルギーがあると診断されたものを食べてアレルギーが出るか、
どのくらい食べると症状が出るかを調べる物)があります。

 

これを受ける事で専門の医師が確認することで判断ができます。

 

そこまでしたくないという人は、食べさせる量を少量にする、
食べさせる間隔をあける、お菓子類などは卵が入っているか
きちんと確認して食べさせましょう。
もし症状が出た時にはかかりつけの病院の診察を受けてください。

スポンサーリンク