離乳食での卵アレルギーの症状とは?

スポンサーリンク

ここでは、「離乳食での卵アレルギーの症状」についてお話します。

 

症状は人それぞれ!

 

離乳食での卵アレルギーの症状は一人一人違ったものです。
そして、卵といっても卵白に含まれる卵白アルブミン、オボムコイドという成分が
アレルギーをおこす原因だと言われています。

 

卵料理、食品を食べてから口の周り、首、手足、おなかなどに
赤いブツブツが出てくるのがよくある症状です。
目をこすったり、咳が出たり、他にもたくさん症状があります。

 

私の息子の場合は、湿疹、肌荒れ(カサカサ)のようなものでした。
湿疹は乳児湿疹などもありますし、乾燥して肌がカサカサしているのかなとか、
ひどいようなものではなかったので、お薬をもらって様子を見ていましたが
なかなか治らず調べてもらうと、卵アレルギーということがわかりました。

 

あきらかに卵を食べてこうなったという、
はっきりした症状が出なかったので
まさか卵アレルギーだとは思いもしませんでした。

スポンサーリンク

怖いアナフィラキシーショック!

 

私は、自分に子供ができるまでは知りませんでした。
最も重症で怖い。
さまざまな症状の中で2つ以上の症状が重なり、
血圧低下、意識がもうろうとするアナフィラキシーショックです。

 

最近、芸能人で一児のママさんタレントさんが
卵ではありませんが、食物アレルギーが原因で
アナフィラキシーショックを起こしたとブログでも書かれていました。

 

痒み、湿疹からはじまり呼吸困難まで・・・。
大人がなっても、怖いですね。
おかしいなと思ったら、生命にもかかわることなので
自己判断しないですぐ病院へ行きましょう。

 

離乳食をはじめるときは、慎重に!

 

症状が出る時間も、食事中、食事後と色々です。
微量でも症状が出てしまう赤ちゃんもいます。
ですが、症状がでたからといって、まったく卵を食べさせないのは間違いです。

 

かかりつけの先生と相談しながら、進めていきましょう。
心配な場合は、卵そのものを食べさせるのではなく、
タマゴボーロなど1個から始めてみるのもいいですね。

 

初めての離乳食(卵料理)は、赤ちゃんの様子を見ながら
慎重に進めていきましょうね。

スポンサーリンク