卵アレルギーの解除の進め方とは?

スポンサーリンク

ここでは、「卵アレルギーの解除の進め方」についてお話します。

 

卵アレルギーは多くの方に知られている
アレルギーの1つでもあります。

 

卵アレルギーを発症すると肌に
湿疹ができてかゆくなったり、
喉や口のまわりがかゆくなったりします。

 

ひどくなってくると下痢や嘔吐などもひきおこし、
アナフィラキシーショックで
亡くなってしまう場合もあります。

 

食べ物のアレルギーには人により非常に個人差があります。
その中でも卵アレルギーが最も多くみられます。

 

制限を解除する時期

 

1歳児で卵白RAST値陽性は60%程度、
全卵皮内テスト陽性は大体70%くらいです。

 

不必要な食事制限をやみくもに
行うのは好ましいことではありません。

 

アレルギーの有無を検査して行うべきであると考えられます。

 

制限を解除する時期や方法は、
食物の種類、検査値(RAST、皮内テスト、スクラッチテスト)、

 

それまでの制限レベル、食べた時症状があるかないか、
患者の年齢によってかなり違いが出てきます。

 

検査数値としてはRAST値がピークを過ぎて
ある程度低下してきた時期が良いと言われています。

 

卵白RAST値でいうと、10Ua/ml以下になった頃が良く、
年齢が進むほど50Ua/ml以上、
または100Ua/ml以上でもできないことはありません。

スポンサーリンク

数値が高いほど解除が難しく、
解除するときにより低い濃度から始める必要があるのです。

 

卵アレルギーの解除の進め方

 

制限解除には難しいものと易しいものもあります。

 

乳幼児の卵制限解除は比較的易しく、
牛乳の方が難しく小麦制限の解除はさらに難しくなります。

 

たまたま偶然食べて何も
症状がでないようなことがあったとき、
その食物は制限を解除出来る時期がきていることを意味します。

 

体調が良く夏場は食物制限解除を
試みる上で絶好のシーズンです。

 

また多少湿疹が良くなってきた頃の方が無難です。

 

湿疹がひどいときは、食べたことによる
反応がはっきりしません。

 

原則としては強く制限している食品については
検査の数値に関係なく、その食品の加工品を
ごく少量から始めて下さい。

 

市販の加工品は含まれている量は様々で
量を表示されていません。

 

できれば、自分で量を決め、
加工品を作り与える方が良いと考えられます。

 

症状が全く現れない量から始めることが重要となるのです。

 

・・・というわけで、あなたもこのカテゴリーの記事を読んで
卵アレルギーの「その他」関係について、お勉強して下さいね!

スポンサーリンク

卵アレルギーの解除の進め方とは?記事一覧

ここでは、「卵アレルギーで市販品のお菓子やお土産」についてお話します。卵焼きはもちろん、料理のつなぎや、甘みを出したりふっくら仕上げるなど様々に利用できる便利な食材である卵。それだけに、卵アレルギーをもつ場合、市販のお菓子を買ったりお土産を持って行く場合にも注意しなければなりません。お菓子やお土産を選ぶ場合、どんなことに気をつければよいでしょうか。洋菓子の選択肢は増えている!洋菓子ではクッキーやケ...

ここでは、「風疹の予防接種で卵アレルギー」についてお話します。卵アレルギーの人が予防接種の中で注意が必要なのは、インフルエンザと麻疹風疹の予防接種です。麻疹風疹には、「鶏卵」の成分が含まれています。卵アレルギーを持っている場合は接種可能なのか、どんな事に注意が必要なのか考えていきます。卵アレルギーでも風疹予防接種は可能か?麻疹風疹の予防接種には卵成分が使われています。お子さんが1歳の誕生日を迎えた...

ここでは、「卵アレルギーでししゃもの時の対処法」についてお話します。卵アレルギーの中には、魚卵でもアレルギーを起こす人がいます。その中に、ししゃもでアレルギーを起こす人がいるので症状や対処法を紹介したいと思います。ししゃもアレルギーの原因と症状とは?ししゃもアレルギーは、ししゃもを食べて起こる卵アレルギーと、魚の卵によって起こる魚卵アレルギーがあり、人によって違いがあります。症状としては、吐き気や...

ここでは、「卵アレルギーでたらこの時の対処法」についてお話します。卵アレルギーの中には、魚卵でもアレルギーを起こす人がいます。その中に、たらこのアレルギーも含まれています。その症状や対処法を紹介したいと思います。たらこアレルギーの原因と症状とは?スケトウダラの卵巣を塩漬けにしたものがたらこで、たらこをたべることでアレルギーの症状がでます。たらこはイクラと抗原性(アレルギー物質)が同じであると言われ...

ここでは、「卵アレルギーの数値」についてお話します。多数ある食物アレルギーの中でも良く知られている卵アレルギーですが、主に乳幼児に多く発症します。発症すると個人差がありますが様々な症状が現れます。蕁麻疹、口の中の違和感、吐き気、嘔吐など様々です。このような人々は、血液検査をすることでアレルギーのクラス0から6に分けられ、自分がどの程度のアレルギーを発症してしまうのかが分かります。食物負荷試験につい...

ここでは、「卵アレルギーは治るのか」についてお話します。卵アレルギーは多くの方に知られているアレルギーの1つです。これが発症すると皮膚に湿疹が出来て人によってはかゆくて眠れないほどにまでなります。また吐き気、嘔吐、下痢などの症状が発症する場合もあります。さらにひどいとアナフィラキシーショックを引き起こして亡くなってしまうケースもあります。このようにアレルギーがひどい場合には命に関わるため非常に危険...