卵アレルギーは治るの?

スポンサーリンク

ここでは、「卵アレルギーは治るのか」についてお話します。

 

卵アレルギーは多くの方に知られているアレルギーの1つです。

 

これが発症すると皮膚に湿疹が出来て人によっては
かゆくて眠れないほどにまでなります。

 

また吐き気、嘔吐、下痢などの症状が発症する場合もあります。

 

さらにひどいとアナフィラキシーショックを
引き起こして亡くなってしまうケースもあります。

 

このようにアレルギーがひどい場合には
命に関わるため非常に危険です。

 

卵アレルギーは治るのか?

 

一度アレルギーを引き起こすと
なかなか治らないとも言われますが、
食物のアレルギーは年齢によって治るケースもあります。

 

卵アレルギーを引き起こし易いのは3歳未満の乳幼児です。
大人と比べて消化機能が未熟であり反応を起こし易いのです。

 

アレルギー反応を起こす食品は
年齢と共に変化していき

 

卵アレルギーの場合は年齢共ににパーセンテージが低くなり、
0歳より1歳、1歳より2歳の方が発症する可能性が低いのです。

 

しかし卵アレルギーは乳幼児だけではなく
大人になってから反応が出てしまう場合もあります。

スポンサーリンク

一生治らないものではなく、
たまたまその時体調が悪く反応が出たというケースもあり、

 

元々卵アレルギーでなくても
たまたま反応が出てしまう可能性もあります。

 

卵アレルギーの主な治療法

 

卵アレルギーは個人差もありますが
2歳から3歳頃に治ることが多いです。

 

3歳になると、体の機能が丈夫になるためです。

 

小学生のうちに治ることもあります。
卵アレルギーになったからといって
一生治らないわけではないのです。

 

アレルギーの出る食品を食べないことが
一般的な治療法(食物除去)です。

 

他には経口免疫療法があります。

 

これは一定の期間は卵や卵を含む食品を一切与えず、
消化機能の成長を待ちます。

 

体の機能が成熟してきたらアレルギーが
出ない程度の量を少量から食べ始めていきます。

 

そして少しずつ量を増やしていき
最終的には食べられるように免疫をつける方法です。

 

再び症状が現れる危険性もあり慎重に行う必要があります。

スポンサーリンク