卵アレルギーでたらこの時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「卵アレルギーでたらこの時の対処法」についてお話します。

 

卵アレルギーの中には、魚卵でもアレルギーを起こす人がいます。
その中に、たらこのアレルギーも含まれています。
その症状や対処法を紹介したいと思います。

 

たらこアレルギーの原因と症状とは?

 

スケトウダラの卵巣を塩漬けにしたものがたらこで、
たらこをたべることでアレルギーの症状がでます。
たらこはイクラと抗原性(アレルギー物質)が同じであると言われていて、
イクラアレルギーのある人はたらこを食べる時には注意が必要になってきます。

 

生で食べるとアレルギー反応が多く出て、加熱すると少なくなることもあります。
症状は、やたらと咳が出る事から始まり吐き気・嘔吐・下痢といった症状が出ます。
咳が出るのは体内に蕁麻疹ができたことによって起こると言われています。
このような症状は2時間以内に起こる事が多いです。

スポンサーリンク

たらこアレルギーで診察を受けるのは?

 

食べ物を食べて、口の周りの赤みや嘔吐・下痢がおこったり、
ひどい場合には、アナフィラキシーショックをおこすこともありあるので、
急いで病院へ行き診察を受け食物アレルギー検査を受ける事が大切です。

 

パッチテストや負荷テストを受けるとより詳しくわかります。
症状を和らげるために、飲み薬をもらって飲んだり注射や点滴を受ける事もあります。
食物アレルギーは急に急におこる事があるので気を付けましょう。

 

今後どうしたらいいの?

 

たらこアレルギーと診断された後は、
医師と相談したうえで症状がひどい場合には
除去する食事をしないといけません。

 

除去食はアレルギーの症状を起こさないようにするだけではなく、
他の種類の食物のアレルゲンが増えないようにするものです。

 

アレルギーを起こす人の中には、胃腸が弱かったり、
腸内環境が悪かったりしている人がおおと言われています。
毎日の食生活を見直して、内臓環境を良くすることで改善することもあるので、
毎日コツコツ続けていくことが大切になってきます。

 

子供の頃にたらこアレルギーを発症していても、
大人になっていくと克服できるとも言われています。

スポンサーリンク